120


城ドラ
に新キャラ「ブルードラゴン」が登場。
 

ついにコスト7の進撃キャラが出現!!
 

アプリ起動時のメイン画面でサイクロプスの座を奪っていたので、いつかは登場するかと思っていましたが、満を持して登場!!
 

スキル「ゲキリュウ」が威力・攻撃範囲共にかなり高性能なスキルで、さすがコスト7といった感じ。
 

早速、城ドラに登場したブルードラゴンの使い方対策について考察してみる。
 

城ドラ「ブルードラゴン」詳細

まずは、城ドラの新キャラ「ブルードラゴン」のステータスについて。

召喚コスト「7」
最大召喚数「1」
タイプ地上進撃キャラ
空に対して〇(スキルのみ)
砦に対して攻撃〇 占拠×
攻撃回数(分)24回
足の速さ(分)51マス
ターゲット中距離(全体)
攻撃(初期)789
防御(初期)840
体力(初期)2000
スキル「ゲキリュウ」
移動する水柱で攻撃する。
LvUPで距離とダメージが増す。
空中の敵にも有効。
 

まずは、なんといっても久方ぶりの「コスト7」
 

コスト7なので、弱いはずがないんですよね。基本的にステータスは、レッドドラゴンと似た感んじ。

レッドドラゴンと違い、「進撃キャラ」なんですね。しかも、砦も攻撃可能。コスト7に砦を襲われるって恐いですね・・・
 

レッドドラゴンとの違いは、レッドドラゴンは通常攻撃は空中も攻撃可能でスキルは地上のみですが、ブルードラゴンは逆で、通常攻撃は地上のみですがスキルが空中も攻撃可能なんですね。
 

そして、このスキル「ゲキリュウ」がかなり高性能な感じ。
 

地上空中を同時に攻撃するうえに、攻撃範囲がかなり広い。しかも、LvUPで距離とダメージが増す仕様。
 

「ゲキリュウ」の発動におびえる日々がやってくる!?
 

ちなみに、レッドドラゴンと同じく召喚時にオマケつきなのですが、スキル発動ではなく「水流?」が発動しているんですけど、今のところコチラは結構微妙な感じです。
 

攻撃範囲はかなり狭いみたいなので、あまり気にしなくていいのかなと。
 

城ドラ「ブルードラゴン」使い方と対策

「ブルードラゴン」使い方

砦を攻撃できる進撃キャラなので、やはり砦に対して召喚していきたいところ。
 

しかし、コスト7の大型キャラなので、召喚したらそれなりに働いてもらわないと、コスパが心配なので、タイミングは焦らず
 

やはり、相手の大型にカウンターで当てたいところですが、できればドラゴンライダーやタートルキャノンなどの支援キャラを出させてから一気に「ゲキリュウ」で巻き込みたい感じ。
 

やはり高性能な「ゲキリュウ」をフル活用したいので、相手が砦に支援キャラをたくさん召喚した時を見計らって、ゲキリュウで一掃するのが、効率的な使い方なのかなと。
 

地上と空中に敵が集まっていれば、「ゲキリュウ」でお掃除!!
 

ただ、大型キャラの仕事として、相手の大型キャラを倒すという役割もあると思うんですが、ブルードラゴンは大型との1対1ではそこまで光りません
 

なので、大型との対決になったら、他のキャラを差し込んだりして、ブルードラゴンを生き残らせて、その後のゲキリュウに期待するっていう使い方なのかな。
 


「ブルードラゴン」対策

逆に、対策としてはいかに「ゲキリュウ」をくらわないかですね。
 

ブルードラゴンは、通常攻撃では空中のキャラを攻撃できません。なので、対策としては空中キャラがメインになってきますね。
 

下手に地上キャラを出すと、ブルードラゴンが反応して「ゲキリュウ」を発動させかねないので、地上キャラは極力ぶつけない。
 

しかし、ブルードラゴンは砦を攻撃できるので、それに合わせて砦を占拠できるキャラも出してくるはず。
 

それに慌ててすぐに地上キャラを出して防ごうとすると、ゲキリュウに巻き込まれて空中キャラはやられてしまうは、結局砦は取られるわ・・・
 

空中キャラが一方的にブルードラゴンを攻撃できている状況であれば、砦はそのまま叩かせてしまい、試合展開によっては、そのまま一度砦を取らせてしまうという判断もアリかなと。
 

まあ、この辺は手札や試合展開によってくるので、ケースバイケースですが、対策として言えるのは、空中キャラが居る時は「安易に地上キャラをぶつけない」
 

こちらの手札に地上キャラしかいないのであれば、もうしかたないです(笑)正面から戦いましょう。
 

ちなみに、アンチキャラについてですが、どうやら今まで「竜」なら「アーチャー」かなと思ったら、アーチャーはアンチ性能が無いらしく、代わりに「魔法使い」がブルードラゴンのアンチキャラになってますね。
 

魔法使いの攻撃が結構効くので、ゲキリュウに巻き込まれない位置から、複数体の魔法使いで一気に処理っていうのもアリ。
 

「バルーン時代」にもアンチとして活躍した魔法使いにまたスポットライトが!?
 

ちなみに、大型の進撃キャラですが、サイクロプスのアンチ性能の対象外みたいですね。サイクロプスのコメントが「一部大型進撃に強し!?」に変わってました。
 

城ドラ「ブルードラゴン」使い方と対策 まとめ

城ドラの新キャラ「ブルードラゴン」はコスト7の地上進撃キャラでスキルが高性能な感じ。
 

スキル「ゲキリュウ」が使い方としても対策としてもキーポイント。
 

使い方としては、「ゲキリュウ」でいかに多くの相手キャラを一掃できる召喚の仕方をするか。
 

対策としては、なるべく「ゲキリュウ」を発動させないということを意識。
 

できれば、通常攻撃では反応できない空中キャラのみで攻撃するのが効率的。慌てて地上キャラを出して、空中キャラごとゲキリュウで巻き込まれるのはだけ絶対NG!!
 

後は、魔法使いの攻撃が結構効くので、ゲキリュウに巻き込まれない位置から、複数体の魔法使いで一気に処理っていうのもアリ。
 

ちなみに、今回のレッドドラゴン登場にあわせて、森口博子さんが歌う「レッドトブルー」もYoutubeで公開されてます。
 



とても、「昭和のアニメ」の匂いがするのは、ワザとですよね(笑)個人的には、この曲の雰囲気懐かしくて好きです。

(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク