166


今回、歌詞和訳するのはコールドプレイの「Hypnotised」



タイトルの「Hypnotised」の発音は、「ヒプノタイズド」ですかね。日本語的な書き方だと。



その「ヒプノタイズド」はそのまま和訳すると「催眠術にかけられて」といった感じ。



歌詞全体のイメージもの凄くざっくり説明すると、「ちょっと大変だったけど 君に魅了されて 今は良い感じ♪」



ざっくり過ぎますかね(笑)でも、本当にこんな感じの歌詞。



そして、音楽もこの歌詞の内容を本当に上手に表現してます。



まるで、水の中で体全身の力を抜いて揺らめいているような・・・そんなユラユラというかフワフワというか、「君」に恋をしてとろけてしまった主人公の心の様相を表現しています。



まずは、コールドプレイ「Hypnotised」の歌詞の和訳をどうぞ。



【歌詞和訳】Coldplay「Hypnotised」

以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
Coldplay『Hypnotised』



Been rusting in the rubble
瓦礫に埋もれて錆びていく

Running to a faint
意識がもうろうとしながら

Need a brand new coat of paint
新しく塗りなおす必要があるよ

Found myself in trouble
自分は 今大変なんだって気づいたんだ

Thinking about what ain't never gonna be a saint
聖者にはなれそうにない事を考えながら





Saying float like an eagle
鷲のように浮かんで

Fall like the rain
雨のように落ちて

Pouring in to put out the pain
痛みを押し流すんだ

Oh again and again
何度も 何度でも





Now I'm hyp, hypnotised
僕はとろけているんだ

Yeah I trip, when I look in your eyes
あぁ 意識が遠くなるよ 君の瞳を見ると

Oh I'm hyp, hypnotized
僕はとろけてしまうよ

Yeah I slip and I'm mesmerised
あぁ 滑り落ちるよ 僕は君に魅了されたんだ





It's easy to be lethal
死にゆくのは 容易い

I'm learning from the news
新しい事から 学ぶんだけど

It's a guidebook for the blues
それは「憂鬱」へのガイドブックなんだ

Saying it's the very same steeple
まったく同じ塔なのに

People want to choose
人々は選びたがる

They just see it from different views
違う角度から見ているだけなんだよ





And threading the needle
針に糸を通して

Fixing my flame
僕の心の炎を縫い直す

Oh now I'm moved to exclaim
あぁ 今 叫びたいんだ

Oh again, and again
何度も 何度でも





Now I'm hyp, hypnotised
僕はとろけているんだ

Yeah I trip, when I look in your eyes
あぁ 意識が遠くなるよ 君の瞳を見ると

Oh I'm hyp, hypnotized
僕はとろけてしまうよ

Yeah I lift and I'm mesmerised
あぁ 高揚するよ 僕は君に魅了されたんだ





Oh again, and again
何度も 何度でも

Now I'm hyp, hypnotised
今 僕はとろけているんだ

Yeah I lift to a permanent high
あぁ 高揚するよ ずっとハイな気分なんだ

Oh I'm hyp, hypnotised
僕はとろけてしまうよ

It was dark
暗闇の中にいたけど

Now it's sunrise
今は 明るいんだ(君のおかげで)





コールドプレイ「Hypnotised」歌詞を和訳してみて・・・

曲を聴いていると、本当にタイトルの「ヒプノタイズド」の通り、催眠術にかかりそうなMusicですね(笑)



きれいなピアノの音がとてもヒーリング。



歌詞の和訳を見ていただいて分かったと思うんですけど、ちょっとポエムみたいで、意味はふわっとしてますよね。



ただ、サビの部分の歌詞が明確なので、曲の核はしっかりと見えます。



Now I'm hyp, hypnotised
僕はとろけているんだ

Yeah I trip, when I look in your eyes
あぁ 意識が遠くなるよ 君の瞳を見ると



この2文が、このコールドプレイの「Hypnotised」の核心部分なんだなと。



曲の頭から感じていた心地良さは、主人公の「恋に落ちて とろけそうな 心の様相」なんだなと。



そうなんです。実は、「ラブソング」だったんです。



歌詞を和訳していて、サビの部分に行くまで、いったい何を表現した曲なんだろう?ってちょっと混乱してました(笑)



サビの歌詞の部分が、明確で良かった。



歌詞を和訳していて、お気に入りの部分があります。



Fixing my flame
僕の心の炎を縫い直す



「Fixing」は「修理する」ですけど、直前に「針に糸を通して」とあるので、あえて「縫い直す」と和訳しました。



「僕の心の炎を縫い直す」きっかけをくれたのは「君」ですよね。



「Fixing my flame」というフレーズがカッコイイなというのと、その裏にある「君」への想いも感じられてGood。



ちょっと、とっつきにくい歌詞でしたが、実はラブソングなんだってわかって聴くと、心地良さが倍増しませんか?



そんなコールドプレイの「Hypnotised」の歌詞の和訳でした。



(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク