143


今回、歌詞和訳するのはクリストファー・クロスの「Arthur's Theme(Best That You Can Do)



映画「ミスター・アーサー」の為に書かれた曲ですね。



タイトルの「Arthur's Theme(Best That You Can Do)」の邦題は、「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」



サビにある「月とニューヨークの間に囚われてしまった」という歌詞は、まさに映画「ミスター・アーサー」の内容を端的に表現している一文ですね。



月は「ロマンス」の象徴、ニューヨークは「現実」の象徴。



月とニューヨークに囚われてしまったとは、ロマンスと現実のはざまで悩む主人公のこと。



映画「ミスター・アーサー」のあらすじと、この歌詞にまつわる「恋愛あるある」について下の方でちょっと書いてます。



まずは、クリストファー・クロス「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」の歌詞の和訳をどうぞ。



【歌詞和訳】Christopher Cross「Arthur's Theme(Best That You Can Do)」邦題:ニューヨーク・シティ・セレナーデ

以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
Christopher Cross『Arthur's Theme(Best That You Can Do)邦題:ニューヨーク・シティ・セレナーデ 』



Once in your life you find her
人生で一度 君は運命の女性に出会うんだ

Someone that turns your heart around
君の心をつかんで離さない そんな人だよ

And next thing you know you're closing down the town
すると 君は彼女のことで頭がいっぱいになってしまうんだ

Wake up and it's still with you
目が覚めても ずっとだよ

Even though you left her way across town
たとえ 町の向こう側へと 彼女と離れたとしてもね

Wondering to yourself,
自分に問いかけることになるんだ

"Hey, what've I found?"
「ねぇ 僕はいったいどんな人を見つけてしまったんだい?」





When you get caught between the Moon and New York City
君は 月とニューヨークの間に囚われてしまったんだ

I know it's crazy, but it's true
おかしいよね でも 本当なんだよ

If you get caught between the Moon and New York City
もし君が 月とニューヨークの間に囚われてしまったら

The best that you can do,
君ができる一番の方法は

The best that you can do is fall in love
君ができる一番の方法は 「恋に落ちること」さ





Arthur he does as he pleases
アーサー 彼は気の向くまま生きてきた

All of his life, his master's choice
彼の人生はすべて お父さんの言いなりだけど

Deep in his heart, he's just, he's just a boy
彼の心を覗くと 彼はただの・・・ ただの少年なんだ

Living his life one day at a time
毎日を一生懸命に生きて

And showing himself a really good time
毎日を本当に楽しんで

Laughing about the way they want him to be
人がそうあるべき なんて考えは 笑い飛ばしてしまうんだ 





When you get caught between the Moon and New York City
君は 月とニューヨークの間に囚われてしまったんだ

I know it's crazy, but it's true
おかしいよね でも 本当なんだよ

If you get caught between the Moon and New York City
もし君が 月とニューヨークの間に囚われてしまったら

The best that you can do,
君ができる一番の方法は

The best that you can do is fall in love
君ができる一番の方法は 「恋に落ちること」さ





When you get caught between the Moon and New York City
君は 月とニューヨークの間に囚われてしまったんだ

I know it's crazy, but it's true
おかしいよね でも 本当なんだよ

If you get caught between the Moon and New York City
もし君が 月とニューヨークの間に囚われてしまったら

The best that you can do,
君ができる一番の方法は

The best that you can do is fall in love
君ができる一番の方法は 「恋に落ちること」さ





When you get caught between the Moon and New York City
君は 月とニューヨークの間に囚われてしまったんだ

I know it's crazy, but it's true
おかしいよね でも 本当なんだよ

If you get caught between the Moon and New York City
もし君が 月とニューヨークの間に囚われてしまったら

The best that you can do,
君ができる一番の方法は

The best that you can do is fall in love
君ができる一番の方法は 「恋に落ちること」さ





【歌詞和訳】Christopher Cross「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」歌詞を和訳してみて・・・

クリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」は映画「ミスター・アーサー」の主題歌。



映画のあらすじをざっくり説明すると、主人公のアーサーはお金持ちの御曹司で、何不自由なく遊び回って暮らしていただけど、ある時お父さんから政略結婚の為に結婚するように命令されてしまいます。



その命令に逆らうと遺産はもらえません。



なのに、そんな時に街で出会ったリンダに恋をしてしまうのです・・・はたしてアーサーはどちらを選ぶのか。



つまり歌詞に登場する「月」はロマンスの象徴で映画だと「リンダ」。



「ニューヨーク」は現実の象徴で、映画だと「政略結婚の相手」。



その辺を意識して、歌詞の内容をざっくり説明すると、



「君は人生に一度運命の女性と出会う、「恋」と「現実」どちらを取るか悩んだら恋に落ちるのがベストだよ」



まあ映画の主題歌なんでね(笑)ロマンスたっぷりの歌詞になってます。



もし自分がアーサーだったら、みなさんはどんな選択をしますか?



自分の人生が映画みたいにロマンティックになるのかって考えると、現実問題は悩んじゃったりしますよね(笑)



恋愛結婚したのに、数年で離婚・・・なんて現実では結構ありますもんね。



だからといって、お金の為に好きでもない人と結婚っていうのもちょっと・・・



まあ、「莫大な遺産」なんて選択肢が目の前にぶら下がっていることが普通の人には無いので、「月」を選択することはそんなに難しいことではないですかね。



でもちょっと似たようなことはありますよね。



女性目線でいくと、「カッコイイけど経済力は無い男」「カッコよくないけど経済力がある男」



どうですか?結構悩んじゃう人多いんじゃないですか?



恋愛あるあるですよね。



まあクリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」の歌詞を信じるなら、「恋に落ちる」のがベストな選択らしいです。



つまり、自分の心に正直になるってことですよね。



映画の場合は、「お金」か「恋愛」かの両天秤でしたけど、ポイントは自分に正直になるってことだと思うんですよね。



え?ルックスもお金のどちらか片方なんて選べないって?



それは知りません(笑)



何かの両天秤に悩んだら、自分に正直になればいいって教えてくれるクリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」の歌詞の和訳でした。



(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク