48


今回、歌詞和訳するのはフィフスハーモニー『ワークフロムホーム』



タイトル正しくは「ワークフロムホーム feat.タイ・ダラー・サイン」ですね。(でも、以下ワークフロムホーム)「ワークフロムホーム」をそのまま和訳すると「在宅勤務」



いやいや、歌詞を和訳すると分かりますが、そんな堅い歌じゃないです。それどころか、まったく逆のエロティックな歌です。歌詞の中に「it」「work」が頻繁に登場するんですが、その解釈次第でとてもセクシーな歌詞になっています



洋楽でよく見るダブルミーニングってやつですが、基本的にはエロティック直球な歌だと思いますので、そっち路線でフィフスハーモニーの「ワークフロムホーム」の歌詞を和訳してみます。



【歌詞和訳】フィフスハーモニー『ワークフロムホーム』

以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
Fifth Harmony『Work from Home』



I ain't worried 'bout nothin'
何も悩んではいないし

I ain't wearin' na nada
何も服は着ていないの

I'm sittin' pretty, impatient, but I know you gotta
じっと待っているのはじれったい けど分かっているわ

Put in them hours, I'mma make it hotter
あなたはまだ「仕事」をするつもりでしょ 私はソレを(忙しく)固くしちゃうんだから

I'm sending pic after picture, I'mma get you fired
写真を送っちゃうの (クビになるかもね)燃えあがっちゃうんじゃない





I know you're always on the night shift
あなたが夜のシフトだって知っているわ

But I can't stand these nights alone
でも 夜の孤独にがまんできないの

And I don't need no explanation
説明なんてよしてよ

'Cause baby, you're the boss at home
だって 家ではあなたがボスでしょ





You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

But you gotta put in work, work, work, work, work, work, work
でも 夜の「仕事」はしないとね

You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

Let my body do the work, work, work, work, work, work, work, work
私の体を使って「仕事」しましょ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ





Let's put it into motion
さぁ 始めましょ

I'mma give you a promotion
あなたをアゲてあげる

I'll make it feel like a vacay, turn the bed into an ocean
バカンスみたいな気分にさせてあげるわ ベッドを海に変えてあげる

We don't need nobody, I just need your body
他の人は邪魔 あなたの体だけが欲しいのよ

Nothin' but sheets in between us, ain't no getting off early
二人の間にはシーツしかないわ じっくり楽しみましょ





I know you're always on the night shift
あなたが夜のシフトだって知っているわ

But I can't stand these nights alone
でも 夜の孤独にがまんできないの

And I don't need no explanation
説明なんてよしてよ

'Cause baby, you're the boss at home
だって 家ではあなたがボスでしょ





You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

But you gotta put in work, work, work, work, work, work, work
でも 夜の「仕事」はしないとね

You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

Let my body do the work, work, work, work, work, work, work, work
私の体を使って「仕事」しましょ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ





Girl, go to work for me
なぁ 俺の為にしてくれよ

Can you make it clap, no hands for me?
手を使わずに パンパンってできるかい?

Take it to the ground, pick it up for me
地面まで落としてから また上げるんだ

Look back at it all over me
俺の方を向いて振り返って

Put in work like my timesheet
「タイムカード」に記録されているみたいに忙しく動いてよ

She ride it like a '63
「63年式」のバイクに乗っかるみたいな腰つき

I'mma buy her no Celine
彼女に「セリーヌ」で服を買って

Let her ride in a foreign with me
俺の外車に乗せてやる

Oh, she the bae, I'm her boo
あいつは俺の女で、俺はあいつのカレ

And she down to break the rules
あいつはお行儀よくなんて無理

Ride or die, she gon' go
乗るか反るか そんな感じ

I'm won't judge, she finesse
俺には裁けねぇ あいつは巧み

I pipe up, she take that
俺のパイプをあいつは受け入れる

Putting overtime on your body
おまえの体で残業だ





You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

But you gotta put in work, work, work, work, work, work, work
でも 夜の「仕事」はしないとね

You don't gotta go to work, work, work, work, work, work, work
仕事になんて行かないでいいわ

Let my body do the work, work, work, work, work, work, work, work
私の体を使って「仕事」しましょ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ

We can work from home, oh, oh, oh oh
家で「仕事」すればいいのよ





Yeah, we can work from home
家で「仕事」すればいいのよ

Yeah, we can work from home
家で「仕事」すればいいのよ

Yeah
YEAH





フィフスハーモニー『ワークフロムホーム』 歌詞を和訳してみて・・・

「it」「work」の解釈次第で、エロティックな歌詞になりますね。洋楽によくあるダブルミーニングってやつですね。



歌詞に登場する「work」という単語、これは「お昼の仕事」という意味と、「男女の夜の営み」という両方の意味で使われていますね。



序盤の「写真を送って 彼の仕事を忙しくさせちゃう バレたらクビになっちゃうかもね」なんてシーンは、「(裸の)写真を送って 彼のソレを固くさせちゃう 燃え上っちゃうかもね」とも取れる遊び心。「make it hotter」仕事(it)を忙しくさせる(hotter)という意味と、彼のソレ(it)を固くさせる(hotter)のダブル。「fired」は、「クビになる」「燃え上がる」のダブル。



とまあ、なんかダブルミーニングを使っているけれど、全体的には直球でエロティックな歌ですよね。



サビの部分では「work」を連呼していますが、半分はあっちの意味ですから、そう考えるとまあセクシーな歌だこと。(笑)MVでのフィフスハーモニーのコスチュームもセクシーですしね。少なくとも「ワークフロムホーム」の邦題は「在宅勤務」にはならないですね(笑)



歌詞を和訳していて、ダブルミーニングでよくもまあこんな上手い表現思いつくもんだって感心。「ワークフロムホーム」っていうタイトルも斬新だなぁ。



(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク