207

今回、歌詞和訳するのはエド・シーランの「Galway Girl」。



タイトルの「Galway Girl」は「ゴールウェイ ガール」。「ゴールウェイ」というのはアイルランドの都市の名前だそうです。



歌詞全体のイメージは、「ゴールウェイで出会った一人の女性と過ごした夜の思い出」。



エド・シーランの実体験を元にした歌詞なんですかね?



まずは、エド・シーラン「Galway Girl」の歌詞の和訳をどうぞ。



【歌詞和訳】エド・シーラン「Galway Girl」


以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
エド・シーラン『Galway Girl』



She played the fiddle in an Irish band
彼女は アイルランドのバンドでバイオリンを弾いてた

But she fell in love with an English man
だけど イギリス人と恋に落ちたんだ

Kissed her on the neck and then I took her by the hand
彼女の首にキスをして 手を取って

Said, "Baby, I just want to dance"
こう言ったんだ 「ベイビー 踊ろうよ」





I met her on Grafton street right outside of the bar
彼女とは グラフトン通りのバーを出てすぐのところで出会ったんだ

She shared a cigarette with me while her brother played the guitar
彼女の兄がギターを弾いている間に 煙草をくれた

She asked me what does it mean the Gaelic ink on your arm?
彼女は僕に聞いた 「腕のゲール語のタトゥは どんな意味なの?」

Said it was one of my friend's songs do you want to drink on?
こう答えた 「僕の友達の曲さ 何か飲むかい?」





She took Jamie as a chaser, Jack for the fun
彼女は ウィスキーをチェイサーに ジャック・ダニエルを楽しんだ

She got Arthur on the table, with Johnny riding as shot gun
テーブルではギネスビールを飲んで ジョニーをショットで飲む

Chatted some more, one more drink at the bar
もう少し喋ったら バーでまた飲む

Then put Van on the jukebox, got up to dance, you know
そして ジュークボックスでヴァン・モリソンを流して 席を立って 踊ったんだ





She played the fiddle in an Irish band
彼女は アイルランドのバンドでバイオリンを弾いてた

But she fell in love with an English man
だけど イギリス人と恋に落ちたんだ

Kissed her on the neck and then I took her by the hand
彼女の首にキスをして 手を取って

Said, "Baby, I just want to dance"
こう言ったんだ 「ベイビー 踊ろうよ」





With my pretty little Galway Girl
僕の 小さくてかわいい ゴールウェイガール

You're my pretty little Galway Girl
君は 僕の小さくてかわいい ゴールウェイガール 





You know she beat me at darts and then she beat me at pool
ダーツもビリヤードでも 彼女に負けたよ

And then she kissed me like there was nobody else in the room
彼女は僕にキスをした その部屋には他には誰もいないかのように

As last orders were called, was when she stood on the stool
ラストオーダーの頃は 彼女は椅子の上に立ってたよ

After dancing to Kaleigh, singing to trad tunes
ケリーを踊った後は 古い歌を歌う

I never heard Carrickfergus ever sung so sweet
こんなにも甘く歌われる キャリックファーガスは初めて聴いたんだ

Acapella in the bar using her feet for a beat
バーの中でアカペラで 彼女の足がビートを刻む

Oh I could have that voice playing on repeat for a week
あぁ 一週間 繰り返し聴いていたいね

And in this packed out room, swear she was singing to me, you know
この混んだ空間で 僕に向けて歌ってくれてたはずなんだ





She played the fiddle in an Irish band
彼女は アイルランドのバンドでバイオリンを弾いてた

But she fell in love with an English man
だけど イギリス人と恋に落ちたんだ

Kissed her on the neck and then I took her by the hand
彼女の首にキスをして 手を取って

Said, "Baby, I just want to dance"
こう言ったんだ 「ベイビー 踊ろうよ」





My pretty little Galway girl
僕の 小さくてかわいい ゴールウェイガール

My my my my my my my Galway girl
My my my my my my my Galway girl
My my my my my my my Galway girl





Now we've outstayed our welcome and it's closing time
僕らは長居をしていて もう閉店の時間

I was holding her hand, her hand was holding mine
僕は彼女の手を握って 彼女は僕の手を握る

Our coats both smell of smoke, whisky and wine
僕らのコートは 煙草とウィスキーとワインの匂い

As we fill up our lungs with the cold air of the night
肺を 夜の冷たい空気で満たしたら

I walked her home then she took me inside
僕は彼女を家に送った すると 彼女は中に入れてくれた

Finish some Doritos and another bottle of wine
ドリトスをつまんで もう一本ワインのボトルを空ける

I swear I'm going to put you in a song that I write
約束だよ 君のことを歌詞に書くよ

About a Galway girl and a perfect night
ゴールウェイの女の子と 過ごした最高の夜のことを





She played the fiddle in an Irish band
彼女は アイルランドのバンドでバイオリンを弾いてた

But she fell in love with an English man
だけど イギリス人と恋に落ちたんだ

Kissed her on the neck and then I took her by the hand
彼女の首にキスをして 手を取って

Said, "Baby, I just want to dance"
こう言ったんだ 「ベイビー 踊ろうよ」





My pretty little Galway girl
僕の 小さくてかわいい ゴールウェイガール

My my my my my my my Galway girl
My my my my my my my Galway girl
My my my my my my my Galway girl





エド・シーラン「Galway Girl」歌詞を和訳してみて・・・


歌詞の冒頭、「アイルランドのバンドでバイオリンを弾いているのに、イギリス人と恋に落ちた」



このイギリス人とは、エド・シーラン本人のこと??



歌詞の途中にも、



I swear I'm going to put you in a song that I write
約束だよ 君のことを歌詞に書くよ

About a Galway girl and a perfect night
ゴールウェイの女の子と 過ごした最高の夜のことを



なんて、書いてますね。



もうエド・シーランの実体験なんじゃないかな!?って思っちゃいますよね。



歌詞を通して、ゴールウェイの女の子に、「約束を守ったよ」って伝えているのか・・・



旅先での一夜のアバンチュールってやつですか!?



もしこのゴールウェイガールが本当に存在するなら、彼女はエド・シーランに歌詞に書いてもらって、凄いうれしいですよね。



しかも、歌詞の中のエピソードも本当なら、エド・シーランの前でアカペラを披露したとか?



まあ、実話かどうかは置いておいて、エド・シーランの甘いヴォーカルに高速で気持ちのいいラップで、癖になる一曲ですね。



そんな、エド・シーランの「Galway Girl」の歌詞の和訳でした。



スポンサードリンク