190


今回、歌詞和訳するのはルイ・アームストロングの「What A Wonderful World」。



「What A Wonderful World」には「この素晴らしき世界」という邦題があるみたいです。



歌詞の雰囲気を意識して和訳すると「なんて素晴らしい世界なんだろう」って感じかなと。



歌詞全体のイメージもそんな感じ。ポエムのような感じの歌詞ですね。



同じ世界だとしても、見る人によって違って見えますよね。



いやぁ、ルイ・アームストロングには、こんな風に世界が見えているんだなぁって。



そして、この歌詞には「人生を幸せにするコツ」が隠されている!?



まずは、ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」の歌詞の和訳をどうぞ。



【歌詞和訳】Louis Armstrong「What A Wonderful World」

以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
Louis Armstrong『What A Wonderful World』



I see trees of green, red roses too
緑豊かな木々と美しい赤色のバラ

I see them bloom for me and you
それらは 私と君の為に 咲いているように思える

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

what a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって





I see skies of blue and clouds of white
どこまでも続く青い空と白い雲

The bright blessed day, the dark sacred night
明るく祝福された昼間 暗く神聖な夜

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

what a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって





The colors of the rainbow so pretty in the sky
空に とてもきれいな虹が架かる

Are also on the faces of people going by
行き交う人々の顔にもね

I see friends shaking hands saying how do you do
友人たちが「元気か?」って握手をするんだ

But they're really saying I love you.
でも 彼らは本当は「愛してる」って伝えてる





I hear baby's crying and I watched them grow
赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ

They'll learn much more than I'll ever know
彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

Yes, I think to myself what a wonderful world.
そう 心の中で思うんだよ

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって





ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」歌詞を和訳してみて・・・

まず率直に、私もルイ・アームストロングみたいに世界を感じてみたいって思いました。



木々やバラ、空や雲を見て、「なんて素晴らしい世界だろう」って思えるなんて、心が豊かだと思いませんか?



歌詞全体を通して、ルイ・アームストロングのある種の悟りを開いた人物のように感じました。



ちゃんと幸せを感じられる。



これって、大事なことですよね。



でも、逆にルイ・アームストロングの人生は大変だったのかな?とも思いました。



色々失ったり、大変な人生だったからこそ、「何気なく そこにあるもの」を美しく素晴らしいものだって感じられるようになったのかなって。



「この素晴らしき世界」の歌詞で描写されるものは、どれも見渡せば見つかるありふれたものばかりですよね。



木々、バラ、空に雲、昼と夜、虹も握手をする友人達も。



どれも、私にだって見つけられるもの。



それを、どれだけ「素晴らしい」って感じられるか。



虎舞竜の「ロード」じゃないですけど、「なんでもないようなものが 幸せ」っていうやつですね(笑)



誰かと比較して色々なモノを持っている人にならなくたって、「ありふれたもの」幸せだって思えるようになった人の方が幸せになりやすい気がしません?



これに人生の中でどれだけ早く気づけるか。



どれだけ早く感じられるようになるか。



それだけで、自分の人生を豊かに感じられる気がする。



これって、自分の人生を幸せにする「最高のコツ」なんじゃないですかね?



ルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」には、その境地にたどり着いた人の心の様相が描かれている気がします。



ただ、無理してそう思おうとしても意味が無い気がするんです・・・心からそう思えるようになりたいなぁ。



そんなルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」の歌詞の和訳でした。



(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク