185


今回、歌詞和訳するのはシカゴの「Hard to Say I'm Sorry」。



シカゴ(Chicago)が1982年に発表した曲ですね。



タイトルの「Hard to Say I'm Sorry」は、そのまま和訳すると「ごめんと言うのが難しい」



ただ、この曲には「素直になれなくて」という邦題があるので、「ごめんと素直に言えない」という感じですかね。



歌詞全体のイメージは、「ちょっと距離を置こうと言う彼女に対して これから心を入れ替えて頑張るから 一緒に居てよ」って懇願する男性。



さぁ、この歌詞を読んで、この二人の未来を明るく想像できるなら、素敵な愛の告白のラブソング



二人の明るく未来が想像できないなら、フられる男性の哀愁の歌。



みなさんは、どっちですかね??



まずは、シカゴ「素直になれなくて」の歌詞の和訳をどうぞ。



【歌詞和訳】Chicago「Hard to Say I'm Sorry」(邦題:素直になれなくて)

以下、英語歌詞は引用 日本語歌詞はオリジナル
Chicago『Hard to Say I'm Sorry』



Everybody needs a little time away
「ちょっと時間を置く必要があると思うの」

I heard her say from each other
そう彼女が言った 「お互いにね」

Even lover’s need a holiday
「恋人にだって 休みは必要よ 

Far away from each other
お互いに距離を取ってね」





Hold me now
すぐに抱きしてめよ

It’s hard for me to say I’m sorry
ごめんって素直に言えないんだけど

I just want you to stay
ただ 君に傍に居て欲しいんだ





After all that we’ve been through
二人には色々あったけど

I will make it up to you,
これから 埋め合わせをするよ

I promise to
約束する

And after all that’s been said and done
結局 分かったのは

You’re just the part of me
君は 僕の一部なんだってこと

I can’t let go
君を放すことなんてできないよ





Couldn’t stand to be kept away
離れているなんて 耐えられないよ 

Just for the day from your body
たった一日でも 君と

Wouldn’t wanna be swept away
引き離されたくないんだ

Far away from the one that I love
僕が愛する たった一人とは





Hold me now
すぐに抱きしめてよ

It’s hard for me to say I’m sorry
ごめんって素直に言えないんだけど

I just want you to know
ただ 知って欲しいんだ





Hold me now
すぐに抱きしめてよ

I really want to tell you I’m sorry
君に 本当に「ごめん」って言いたいんだ

I could never let you go
君を手放すなんて できないよ





After all that we’ve been through
二人には色々あったけど

I will make it up to you,
これから 埋め合わせをするよ

I promise to
約束する

And after all that’s been said and done
結局 分かったのは

You’re just the part of me
君は 僕の一部なんだってこと

I can’t let go
君を放すことなんてできないよ





After all that we’ve been through
二人には色々あったけど

I will make it up to you,
これから 埋め合わせをするよ

I promise to
約束する





You’re gonna be the lucky one
君を幸せにするよ





シカゴ「素直になれなくて」歌詞を和訳してみて・・・

歌詞は、彼女が「距離を置こう」と言い出すシーンから始まります。



この手の歌詞を読む度に、思うんですけど、やっぱり男性の方が女々しい気がする(笑)



歌詞では、この後彼女の提案に慌てた(?)男性が、「これから埋め合わせをするから」って関係の継続を懇願。



この後も、「君と離れるなんて耐えられない」「君は僕の一部だ」「そばに居て欲しい」と愛の言葉を畳みかけます。



さて、この二人の未来はいったいどうなったのでしょうか??



みなさんは、どんな未来を想像しましたか?



経験上、こうなった時には時すでに遅しという感じ。



大事なものって、失って初めて気づいたりしますよね。



後、個人的には、女性からこういう事を切り出されてから、慌てて言い出す男性に、若干の怪しさを感じます。



でも、もし実は本心は関係の継続を望む女性が、男性にもっとしっかりして欲しいという想いから、このように仕向けたのだとしたら・・・



なかなか、やり手の女性ですよね(笑)なんて、想像してみたり。



ちなみに、タイトルの邦題「素直になれなくて」



素直になれなくて、「ごめん」の一言が言えない割には、もっと恥ずかしい事をたくさん言ってるなぁって思ったのは、私だけですかね(笑)



ちょっと距離を置こうと言われた彼女に対して「Hold me now(すぐに抱きしめて)」って、男性から言うのはどうなの!?(笑)



でも、この歌詞の和訳を読んで、それでも二人の明るい未来が見えた人って、恋愛に対してポジティブな人なんだろうなと。



意外と、恋愛心理テスト的な要素もある歌詞だったりして。



この歌詞を、どう受け止めるかで、恋愛に対して、ポジティブなのか、ネガティブなのか分かる!?みたいな。



だとすると、私は恋愛に対しては、どうやらネガティブなようですね・・・



まあ、このシカゴの「素直になれなくて」の歌詞に一つ教訓として詰まっているのは、「失う前に 大事なものに 気づけるか」かなと。



そんな、シカゴの「素直になれなくて」の歌詞の和訳でした。



(了) 読んでくれて、ありがとう!!
スポンサードリンク